電話占いはどのように利用するのか

“占いを利用したいと考えている場合、その選択肢の一つが電話占いを利用するという方法です。電話で占い師と会話をしながら占ってもらうことができるので、自宅にいながら占ってもらうことができます。実際に電話占いを利用する場合には、どのような方法で利用するのか、流れを把握しておくことが大切です。
では、電話占いを利用する場合には、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。当たるかどうかという話も大切ですが、お金を払う以上、料金体系について事前に把握しておくことも必要です。例えば同じ電話占いであっても、料金先払いの場合や後払いの場合もあり、料金の支払方法が異なります。そのためお金の支払方法を事前に把握したうえで占ってもらうことによって、お金の問題を解決したうえで安心して占ってもらうことにつながります。
当たる占い師の場合には、料金が高いと考えている人もいますがそのようなことはありません。同じ当たると評判のいい占い師であっても、どのくらいの値段で占ってもらうことができるかという点には、違いが存在します。当たるという評判だけではなく、値段も比較して、自分にとってより条件の電話占いを探していくことも大切です。一つの考えに縛られるのではなく、広い視野で利用する占い師を検討していくことで、より良い条件で占いを利用することにもつながります。また実際に電話するときには、スムーズに占ってもらうために情報を整理しておくことも大切です。”

★✩★生意気な後輩が恋人に✩★✩

“高校の時、部活動でとても生意気な後輩がいました。一人一人が自由に作品を作る部活で、私は部長をしていました。後輩は一コ下で、とても無口で部活内でも必要最低限しか喋ろうとしませんでした。しかし彼は私の作品を見ては何かと口を出して来て、それが的確だったのもあり、無気になった私は、負けじと後輩の作品に嫌味ったらしく口出ししていました。普段は無口な彼がわざわざ自分の作品にだけ口を出してくることに対し、友人や部員に愚痴を言うと、周りの部員からは仲が良いと羨ましがられました。

仲が良いわけがないと否定をしていると、クラスの友人に電話占いを勧められました。その電話占いが結構当たるから、相性が悪いと分かれば少しは周りが納得するんじゃないか、と言われ、あまり信用していませんでしたが、試しにと思って電話占いをしてみました。
二人の相性が悪いから関わるのはやめましょう、と言われると思っていました。しかし、占ってもらうと、意外なことに後輩は私の才能を信頼し、また自分にアドバイスをくれる私のことを尊敬していると言われました。言葉を変えることで、より分かり合える最高のパートナーとまで言われてしまいました。

電話占いの結果は驚くものでしたが、そこまで言うのならと思い、試しに後輩に優しく声をかけてみました。はじめはいきなりどうしたんだ、と警戒をされましたが、めげずに声をかけ、後輩の口出しもアドバイスと思い、素直に受け止めました。すると後輩の態度もだんだん柔らかくなり、作品以外の話も少しずつ増え、最終的には作品を二人で作り上げるほど仲良くなりました。

仲良くなってからしばらくして、後輩にどうして口出ししていたのかを聞いたら、私の作品が好きだからこそ、自分のできる限りの方法で手伝いたかったと告白してくれました。また、私の嫌味ったらしい口出しも、自分の作品を良くしようと思ってのことだと考えていたらしく、素直に腹いせにやっていたと謝ったところ、彼は笑って許してくれました。
二人で作った作品は、今までの作品の中で一番満足のいく作品になり、彼が最高のパートナーという実感を持ちました。それからしばらくして、彼の方から告白をしてくれ、私も知らない間に彼に惹かれていることを実感し、交際をはじめました。その後、私の実例を見て、友達や部員が電話占いが当たると聞きつけ、そろって電話をしたそうです。

でも、占いが当たる、当たらないということではないと思います。私は占いのおかげで、大切なことに気が付くことができました。そのようなきっかけを作ってくれるのが、占いなのではないか、と感じました。”

admin